るなの株と医療ニュースメモ

株や医薬品関連ニュースに一歩踏み込みます!

コロナウイルスってなにもの?新型の前に知っておくべきコロナウィルスのこと

 f:id:Luna1105:20200307164312j:plain

最近もっともホットな話題と言ったら、新型コロナウイルスのことではないでしょうか。

中国を中心として、世界中に広がり、日々拡大する感染のニュースにもう辟易している方も多いかもしれません。

特に投資をしている人にとっては、株価下落の引き金にもなり、痛い目を見ている方も多いのではないかと思います。(私です)

はてなブログでもたくさんの方が取り上げており、私も勉強させていただきました。

先日はインフルエンザのことをまとめましたが、今日は新型にとらわれず、コロナウィルスはいったい何者なのかを簡単にまとめてみました。

 

コロナウィルスとは?

コロナウィルスは人に感染すると発熱や上気道症状を起こすウィルスで、人に感染するものは新型を除いて現在6種類いることが分かっています。

過去に大きな被害をもたらしたMERSやSARSは基本的には動物から人に感染するウィルスでこれに含まれますが、残りの4種類はいわゆる風邪のウィルスであり、風邪の原因の10-15%程度と言われています。スーパー悪い奴は一部であり、割と身近な奴なんですね。

コロナウィルスは湿気に弱いので、流行は主に冬になります。今回の騒ぎも少なくとも春には収まるかもしれませんね。

 

SARS

2002年~2003年に中国で大騒ぎとなったSARSですが、これはコウモリから感染したウィルスです。

2003年12月時点のWHOの報告によると疑い例を含むSARS患者は8,069人、うち775人が重症の肺炎で亡くなりました(致命率9.6%)。

亡くなった方の多くは高齢者や、心臓病、糖尿病等の基礎疾患を前もって患っていた人でした。

 

MERS

2012年頃に中東で騒ぎとなったMERSですが、これはヒトコブラクダから感染したウィルスです。

2019年11月30日時点のWHOの報告によると、MERS患者は2,494人、うち858人が亡くなったとのことです(致命率34.4%)やはり、高齢者や基礎疾患をもつ人に感染した場合に重症化すると考えられています。

なお致命率の高さはウィルスそのものの力というより、医療環境に起因している可能性もあります。

 

結核「私の感染者力は1040万です。」

SARSについて当時の私はテレビの報道を見て、何かとんでもないことが起きたと震えあがっておりましたけど、思っていたより感染者が少ないのではと思いませんか?

ちなみに2016年の結核の感染者は1040万人で、亡くなった方は170万人※です。

※結核で亡くなった方の95%以上は低~中所得の医療環境の悪い国です。環境が異なるので致命率の単純比較はできません。薬剤耐性結核もありますが、結核には治療薬もあるという点も異なりますね。あくまで参考です。

 

 

びびりすぎない

過去のコロナウィルスの事例では人から人への感染も見られましたが、過去には爆発的な流行にはなっていませんし、健常人の致命率が特別高いわけではありません。なお過去のSARSやMERSでは子供の感染率は低く、症状も軽度であったことが知られています。

今回の新型コロナウィルスが過去の事例と比べて、感染者数が多い点は憂慮すべきではありますが、極めて特異的で致命率が高いという情報はまだありません。毎日の報道で大騒ぎしていますが、必要以上に恐れる必要はない(正しくびびるべき)と思います。

 

マスクに固執しすぎない(過信しない)

私たちがするべき最も有効な対策は、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、咳エチケットや手洗い、うがい、アルコール消毒を徹底することです。

 

普通の人がマスクを買いあさる必要性は薄いと思います。マスクをすることで飛沫感染を低減できるので効果はありますが、ウィルス自体はマスクの網目よりも小さいので、マスクの隙間から入ってきます。マスクをすれば全て解決とはなりません。逆に言うとマスクがないからといって、外出したら終わりということはありません

マスクが重要なのはむしろ感染者自身による感染拡大の防止です。つまりマスクをしている周りの人への感染予防効果ですね。そのような観点からはマスクは非常に有用なツールです。中国人の爆買いが他者を気遣ってのことであれば、素晴らしい配慮だと思います。ぜひ日本のマスクを使って感染拡大防止に努めて頂ければと思います。(半分皮肉)

 

なお、通常のコロナウィルスの潜伏期間は2週間ほどであり、感染してから症状が発現するまでやや時間が掛かる点は注意するべきではあります。海外に観光に行かれた方や感染している方と接触したと思われる方は上記を念頭に置いて行動頂ければと思います。

人の多いところ、感染する可能性のあるところに極力近づかないことも有効な対策となりえますが、社会人生活を送るにあたって、現実的になかなか難しいですね。特に日本人は。

 

まとめ

コロナウィルスの基本的な情報を簡単にまとめてみました。

パニックにならずに冷静に対処して収束を待ちましょう。(株も頼む・・・

そして今回の件に係る関係者のみなさまには感謝申し上げます。

(参考:国立感染症研究所HP:コロナウイルスとは)

 

インフルエンザについては先日の記事をご覧ください。