るなの株と医療ニュースメモ

株や医薬品業界のニュースをご紹介します!!

DNAワクチンってなに?コロナウイルス(COVID-19)予防薬は実現するか?利点や現状について(アンジェス)

f:id:Luna1105:20200309110941j:plain

先日、お騒がせバイオベンチャーのアンジェスが、コロナウイルス対策に名乗りを上げました。

ワイドショーにも出演されていたので、ご存じの方も多いかもしれません。

そこで出てきた「DNAワクチン」なるもの。

一体どんなものなのでしょうか。

今日はDNAワクチンとアンジェスの開発しているコロナウイルス予防薬について、考えていきたいと思います。

 

目次

 

 

要約

・アンジェスが次世代型DNAワクチンによるCOVID-19予防ワクチン開発開始

・DNAワクチンは病原体DNAの一部を注射で投与する。

・短期間の製造が可能で病原性もない。

・ウイルスが細胞に侵入できなくすることで感染や重症化を防ぐ

・アンジェスのこれまでの実績や進捗状況を踏まえ、過大な期待は禁物

 

 

 

DNAワクチンとは?

DNAワクチンは開発途上の次世代型ワクチンです。

病原体のDNAをワクチンとしたもので、注射後、DNAに従いたんぱく質が合成され、そのたんぱく質に対する免疫を獲得することで、疾患に対する免疫を得ます。

DNAを投入するだけなので、抗原たんぱく質の生成が不要になります。

そのため短期間で製造が可能となるのです。

また弱毒化したものではないため、病原性がなく安全性が高い点も利点と言えます。

 

・・・理論上は上記のとおりです。理論上はね。

実際にどのような機序で免疫を獲得できるのか、そもそも適切に免疫を獲得できているかは明確になっていません。

考えられている理論としては、コロナウイルスの表面にあるSたんぱく質を無力化して、ウイルスが細胞に入れなくするという機序です。

 

一応DNAワクチン全体としてのこれまでの臨床試験では、12種類のワクチン、のべ1,400人への投与実績はあるとのことです。

その中で安全性についての懸念はありませんでした。

ただし商品化されているものもありません

 

なお製造に関してはプラスミドDNAの製造技術や設備を有するタカラバイオが担当するそうです。

 

アンジェスの進捗と今後

進捗

大阪大学の森下教授によると、すでに動物実験用ワクチンは製造段階にあり2週間程度で完成、最短で約半年後に臨床試験開始予定とのことです。

⇒動物実験用のワクチンは完成しました!(3/28現在)頑張れ!

ワクチン開発と並行して抗血清製剤の開発も行うとのことです。

血清については武田さんも対応開始していますね。

 

実績

アンジェスは一部では株券印刷屋さんなんて揶揄されることもあります。

成果がほとんどなくて増資を繰り返しているからです。

そして今回のメインたるDNAワクチンについて上市実績はありません

 

ただ2019年秋にコラテジェンというお薬の上市に成功しました!

コラテジェンは日本初の遺伝子治療薬ということで、意義深い薬ではありますが、個人的には効果は微妙ですね。

再生医療等製品ということで患者母数は少なく、効果の見極めができていない点もありますが、それを差し置いてもちょっと評価が難しいところです。

上市後の症例集積も思うようにいっていません。

 

日本は再生医療等製品については、非常に緩い印象です。

海外に先手を取りたいというPMDAの意向を私は感じます。

アンメットメディカルニーズを満たすことは大変重要なことではありますが、一方で効果が微妙な薬を患者さんに使っていくことが、良いことだとは思えません。

リスクとベネフィットの評価を継続するとともに、費用対効果についても議論が必要だと思います。

参考:コラテジェン

 

所感

今回のDNAワクチンですが、上記を踏まえて、私個人としてはあまり期待しておりません

あくまで個人的感想ですけどね。

これまでがダメでも今回は頑張るかもしれないし!

 

アンジェスはこの市況の中、ストップ高をつけたりしていますが、気を付けたほうがよいでしょう。

バイオベンチャーはすーぐに手のひらを返します

その点ゆめゆめお忘れなきよう。

 

と、散々けなしてしまいましたが、少しでも可能性のある動きは応援するべきですね!

ごめんなさい。アンジェス頑張れ!!

  

 

雑記

さて、日経も2万円を軽く割り、ドル円も102円で接戦を繰り広げています。

もはや聞こえてくる悲鳴も途切れ途切れで、むしろあちこちから虫の息のほうがよく聞こえてくる状況なので、感覚的にはセリクラが近いと感じます。

ですが、この株価が実体経済への影響をどの程度まで織り込んでいるか分かりません。

まだまだ下がるかもしれません。

「日経は割安水準に到達している」とか、「PBR1倍割れは岩盤」とかいう話もありますけど、今後企業業績が悪化してくれば、このあたりの話は変わってきますしね。

 

今はテクニカルにしろ、ファンダメンタルにしろ、この状況を明確に説明できません。

22,000円ぐらいの時、テクニカル的には底だなんて、アナリストが言っていたのがいかに意味をなさないか。

市況に振り回されず、個々の企業の業績推移や不況耐性、コロナの影響、今後の見通し等を勘案して、「割安」となっている企業を拾っていこうと思います。

みんなで一緒になって悲鳴を上げている陰で、こっそり必要な銘柄を拾い集めるのが勝利の礎となるかも?

 

拾った銘柄がメガンテかましてくる可能性は否定できませんけどね(笑)

でももはや、私としてはHPの戦いではなく、LPの戦いかも。

 

あー先物が暴落しているし(-1

明日もヤバそう。

生命力回復がほしいな。

 

参考

コロナ関連記事